スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お湯は底の広い鍋で沸かそう! 

お湯を沸かす時は、底が広い物で沸かしましょう。
底が広いと、熱効率がとてもよく、いつもより数分も早く湧きます。

また、鍋に水を入れた時などに、底や外側についている水滴を、
沸かす前に拭き取っておけば、水滴が熱を奪わないので、
その分、ガス代を節約することができます。
スポンサーサイト

お湯は使うときだけ必要な分だけ沸かそう! 

皆さんのご家庭では、お湯はどのようにしていますか?
電気ポットで、お湯を作っていたり、やかんでそのつど沸かしていたりと、
いろいろな方法があると思いますが、私はやかんで沸かすのをお勧めします。

電気ポットは、ずっとその温度に保っていなくてはいけないため、
使わないときでも、電気代が掛かりますが、
お湯は沸かしているときだけのガス代だけで済みます。

常にお湯を必要としている方は、仕方ありませんが、
たまにしか必要としていないのでしたら、やかんで沸かすようにしましょう。

また、お湯を沸かすときは、必要な分だけを沸かしましょう。
量が少ない方が、お湯は早く沸きます。
お湯は時間が経つと冷めていくので、必要な分以外も沸かすのは、ナンセンスです。

ガスコンロの火力 

ガスコンロの火力を、「弱火」「中火」「強火」と3つに分けた場合、
どの火力が一番熱効率が良くて、ガス代が安いか知っていますか?

答えは・・・「中火」だそうです。

底から炎がはみ出さない火加減(中火)が最も熱効率が良くて、ガス代が安いそうです。

「弱火」でことこと煮たりするものや、
「強火」でさっさと炒めなくてはいけないものには使えませんが、
火力に関係なく、作れる料理には使えそうです。

鍋にはふたを・・・ 

鍋のふたは、とても便利です。
何か物をゆでるときは、迷わず、鍋にふたをしましょう。
ガス代、時間共に節約(短縮)でき、一石二鳥です。

入浴後はふたを閉めよう! 

浴槽はふたで閉めるようにしましょう。
ふたなどで、浴槽を覆わないと、そのまま熱が逃げ出しちゃいます。
次の人が、すぐに入るからといって、ふたを閉めないのは、もったいないことです。

また、スーパーなどで、売られている、黒いビニール袋(ゴミ袋)などを、
お湯に浮かべ、その上にふたで覆うと、より熱が逃げにくくなり完璧になります。
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。